架橋ポリ管の配管工事

水道管を交換する場合、通常は水道凍結したときの対処も考えて
銅管配管を使用します。

しかし、建物が断熱に優れていて、冬期間不在にしていても
水道が凍る心配がないお住まいの場合には、写真のような
架橋ポリ管を使用して配管工事することもあります。

施工が簡易で配管工事の時間が短縮されたり、壁や天井を
大掛かりに解体しなくても、配管が自在に曲がるので
隠蔽配管(壁や天井裏に隠す配管方法)しやすいなどの
利点があります。

ただし、厳冬期に水道が凍ってしまった場合には、
必要以上に凍結解氷作業に費用や手間がかかるなどの
デメリットもありますので、ポリ管を使用した水道管工事には
先々を考えての注意が必要です。

メリット・デメリットをご理解していただいたうえで、ご希望であれば
架橋ポリエチレン管などでの水道管取り替えも対応しています

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です